裏本謙志のblog

裏本謙志のblog

裏本謙志の将棋ブログ

こんにちは。裏本謙志です。今回、某所へ出かけることになったのですが、とても残念だったのは話題の配車サービスアプリのUberについてです。何度も試してはみたのですが、何故か支払いオプションが無効と出てしまって、配車依頼ができないという未曾有のトラブルに巻き込まれてしまいました。クレカの問題だと思ったので、別のクレカを投入してみても、やっぱり解決できませんでした。最終最後にはUberのサポート係にこちらの事情を伝えると、こちらで問題を直しましたと連絡がくるにも関わらず、何度も同じテンプレ返しというお粗末なサポートに辟易してしまいました。仕方がないのでアプリをアンインストールして、再度インスツールしてみたものの、結局ダメでした。またアカウントを削除してみたものの、携帯電話の番号とアカウントが紐付くことが前提なので未解決。そんなこんなで、かなり裏本謙志は意気消沈していたので、甘いお菓子でも食べて気を紛らわそうと森永製菓が出している話題の和栗クッキーを食べてみることにしました。このクッキーの見た目は長方形でクッキーの中にクリームが入っているという定番中の定番クッキーです。香りはマイルドな栗の香りで、まだ夏なのか梅雨なのか不明瞭な天気が続きますが気分だけは、秋という感じを十分に引き出している逸品でした。やはりイライラしていると甘いものが体に染みます。そういえば最近悪天候が続きますが、富士山の山開きのニュースが遠い過去のように感じられます。今年は山梨側の山開きが静岡県側からより早いという異常現象でしたが、残雪が凄まじい静岡県側からの登山は少々危険というのが、本心なのでしょう。今は仕事の関係で裏本謙志はなかなか登山はできませんが、将来は引っ越してみたいものです。ちなみに給料が大幅にアップしたら、都心に住みたいと思います。それは通勤時間がムダな気がするからです。やはり都心は都心ならではの利便性の高さが満足度を高めます。ただし物価は高いので日常生活を送るには最適化されているとはいえないのは非常に残念といえるでしょう。徒歩通勤を目指しているなら、断然都心のマンション暮らしがいいと裏本謙志は思います。今日は詰将棋をやっているので、ブログはこの編で。

      2017年8月6日(日)に福岡県で将棋日本シリーズJTプロ公式戦が開催された。この対局は裏本謙志は注目していた。今年は久保利明王将VS森内俊之九段となり、今年、郷田真隆九段を打ち破り、不利飛車もとい振り飛車党の復権を力強く見せつけた久保利明王将が、JT杯でどこまで勝ち進みのか?非常に注目の一局であった。森内俊之九段も当然ながら十八世名人資格保持者で非常に強敵であるものの、2017年5月より日本将棋連盟専務理事を務めており、多忙であることが、NHKの将棋フォーカスでも本人から語られている。また本人は多忙になることを見越して、すでにフリークラス宣言で名人に挑戦できる、順位戦を自ら、辞めるという衝撃的な発表をしており、明らかに将棋の勉強量は減っているハズなのである。さて、将棋は対話ということで、予想外の展開となり、振り飛車党の久保利明王将が居飛車となり、対する森内俊之九段が振り飛車という誰もが予想しなかった展開となった。これは棋譜を見た裏本謙志も驚きを隠せなかった。しかも振り飛車の中でも攻撃力が高く、攻めは飛角銀桂を忠実に再現している石田流本組で森内俊之九段が猛攻をかけるという意外な展開になった。実はこの日、朝から晩まで石田流本組の棋譜並べをしていたので、非常に興味深い一局となった。大盤解説をしているプロ棋士の豊川孝弘七段も含めて、会場でこの展開を予想する人は少なく、この棋譜は対戦者が逆であれば納得できるが、まさか…という将棋となった。最終的には森内俊之九段が勝ちきって、裏本謙志も予想外の番狂わせとなった。藤井聡太四段が連勝でブレイクした将棋ブームで併催されていたテーブルマークこども大会も大盛況で勝負にも勝って、森内俊之九段は日本将棋連盟専務理事としても大満足だったに違いないと裏本謙志は思うのであった。

↑このページのトップヘ